• HOME
  • Topics
  • JeSTA
  • 【eスポーツ選手向けセルフケア動画コラム#02】親指や母指球の疲労回復のツボ「魚際(ギョサイ)」

【eスポーツ選手向けセルフケア動画コラム#02】親指や母指球の疲労回復のツボ「魚際(ギョサイ)」

日本eスポーツトレーナー協会(略称:JeSTA)は、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師・歯科医師を中心とした、国家資格取得者によるeスポーツ選手向けのプロトレーナー集団である。eスポーツ選手の心と体を支え、eスポーツの未来を、医療ケア・トレーナー分野で支えられる存在を目指し、活動を展開している。

VAMOLAは、同協会のオフィシャルメディアパートナーを努めており、本記事は、「eスポーツ選手向けセルフケア動画コラム」の連載第2回目となる。

■親指や母指球の疲労が回復する!

eスポーツ選手向けセルフケア動画、第2弾です。母指球あたりにある「魚際(ギョサイ)」というツボの紹介をします。eスポーツ選手は、コントローラーのボタンを押すごとに親指や母指球の筋肉を使っています。「魚際」は、その部位の疲労回復効果のあるツボとなります。ご自身で無理のない程度に試してみてください。

■日本eスポーツトレーナー協会(JeSTA)

eスポーツトレーナーとは、eスポーツ選手のフィジカル面とメンタル面における「能力向上・改善」をサポートするトレーナーです。集中力、スタミナ、洞察力、反射能力といった各種の能力は、通常のスポーツ選手と求められる力は同等とされています。JeSTAは、そうした激しい競争を戦い抜くeスポーツ選手をサポートします。

また、JeSTAはeスポーツ選手を縁の下から支える存在となる「トレーナーの人材育成」を積極的に行い、eスポーツ選手の10から20年後を見据えた「選手寿命の引き上げ」に一役を担えるよう活動を目指しています。


HP:http://esportstrainer.jp/
Facebook:JeSTA.eSports
Twitter:@e_jesta
Instagram:jesta.esports

■関連記事

【eスポーツ選手向けセルフケア動画コラム#01】指先の疲労回復のツボ「合谷(ゴウコク)」

日本eスポーツトレーナー協会代表理事・外池哲郎氏インタビュー「選手寿命を延ばすためにも、日頃のケアを」

(編集●VAMOLA eFootball News編集部)

関連記事一覧